BLOGブログ
BLOG

戸建てをリフォームするポイントは?

2020/07/01
戸建てのリフォームを考えるタイミングはほぼ、家屋の老朽化が理由の大半です。
使用頻度の多い水回り周辺や外壁など老朽化はエリアによって結構差があります。
ここでは、戸建てのリフォームについてまとめました。
まず、戸建てのリフォームを考える際は部分的なリフォームかフルリフォームかの選択になります。

▼リフォームの判断
部分的なものかフルリフォームの判断基準は2つです。
・補修箇所が多い
・金銭的
この2つで判断しましょう。
フルリフォームはなかなかしずらいですが、まとめてリフォーム依頼することでお得になる場合もあります。

▼部分的なリフォームとは
部分的なリフォームの箇所は以下の通りです。
・水回りメイン(キッチン・トイレ・お風呂・洗面)
・外構(庭・外壁・門…)
・内装(クロス・床)
どこをリフォームするかに個人差がありますが、水回りを最初にリフォームする人が比較的多いです。
それだけ使う頻度も違いますし、水道の蛇口は15年程度で劣化してしまうからです。

▼リフォームの費用
フルリフォームは、1,000万円ぐらいでリフォームしている人が多いですが、ランクアップを考えているとその価格はもちろん上がります。

▼リフォームの流れ
①リフォーム会社に相談に行く
リフォームしたい箇所が多ければ、リフォーム会社に相談に行くのが1番効率がいいです。
実際の施工事例など実績の確認と担当者が自分に合うか親身か確認しましょう。
多額の費用が必要になるので、信用できるか確認することは非常に大切なことと言えます。

②ショールームに見に行く
例えばシステムキッチンやトイレなふど、いくつかのメーカーをめぐり自分の家に合うデザインや機能性を見て回りましょう。

③施工開始
施工のデザインが決まったら早速施工に入ります。
部分的なリフォームであったら在宅のままでもリフォームを始められます。
しかし、フルリフォームの場合はリフォーム期間中は他のところに移住しなくてはいけません。

自分の理想に合ったリフォームをしましょう。