BLOGブログ
BLOG

リフォームとリノベーションの違いは?

2020/07/21
「お家をリフォーム?リノベーション?」
正直、どちらの言葉もよく耳にしますよね。
実際のところリフォームとリノベーションって何が違うのでしょうか。
そこで今回は、リフォームとリノベーションの違いやメリット・デメリットについて解説していきます。
▼リフォームとリノベーションの違い
リフォーム:古くなった部分や壊れた部分を修復して元に戻すこと
リノベーション:すでにある建物に対して新しい機能を取り付けたり加えたりすること

住まいの性能や工事の規模によってもリフォームとリノベーションとでは、違いが出てきます。
■住まいの性能
リフォーム:新築の時と同じ性能となる工事
リノベーション:新築の時以上の性能となる工事

■工事の規模
リフォーム:小規模な工事(壁紙の貼替やユニットバスやシステムキッチンの入れ替え・設備の修繕や変更など)
リノベーション:大規模な工事(冷暖房換気設備の変更や水道管・排水管や間取りなど)

▼リフォームのメリット・デメリット
■メリット
・元々の家や建物を残したまま工事ができる
・工事期間が短い
・税金面の負担が少なめ
・耐震問題やシロアリの被害が少ない
■デメリット
・間取りの変更ができない
・デザインの変更ができない
・元々の家や建物のときの状態
・間取りの自由度が少ない

▼リノベーションのメリット・デメリット
■メリット
・費用が低く抑えられる
・土地の選択肢が広がる
・資産性が高い
・自由に設計ができる
■デメリット
・家や建物の耐久性面の不安がある
・ローンの金利が高くなる場合がある
・時間がかかる
・工事費用が高くなる
・工事期間が長くなる

▼最後に
リフォームとリノベーションは同じようで全く異なります。
今の暮らしやどのような家にしたいかを考えたうえで、リフォームかリノベーションがいいのかなど検討してみてください。