BLOGブログ
BLOG

【エクステリア】玄関アプローチの役割と素材

2021/01/01
玄関アプローチとは、門から玄関までの道のりを言い、おしゃれに見せられるだけでなく、防犯などの役割もあります。
今回は玄関アプローチの役割やどんな素材があるのかについてまとめました。
▼玄関アプローチの役割
玄関アプローチは、家をおしゃれに見せられる効果や防犯の役割があるとお伝えしましたが、
他にも以下のような役割があります。
■プライバシーを守る
玄関アプローチがあると、道から玄関までが見えにくなるためプライバシーを守ってくれます。
玄関を開けたときに、「誰かに見られているかも」という緊張感も無くなります。
■バリアフリー
道路に対して家が高い位置にある場合、曲がったような玄関アプローチをつくることで、バリアフリーの役割を果たしてくれます。
老後を考えている方や高齢の親と同居する方には、大事なエクステリア工事です。
■水はけを良くする
水はけが悪いと、玄関から出てすぐに足元が濡れてしまったりします。
玄関アプローチで水はけの良い素材を使用したり、勾配を工夫するなどして回避することが出来ます。
▼玄関アプローチの素材
玄関アプローチに使われる素材とその特徴を紹介します。
■タイル
劣化しにくく、カラーバリエーションも豊富な人気の素材です。正方形や長方形のものが一般的に使われています。
■レンガ
洋風な雰囲気が楽しめるレンガ。緑と相性が良く、時間が経てばたつほど味がでてくるのが魅力です。
■インターロッキング
コンクリートでできたブロックをインターロッキングと言います。滑りにくく安価な値段で工事が出来ます。
■石材
石材は天然石を使用するため、四角いものからふぞろいなものまであり、オリジナル性を楽しむことができます。
▼玄関アプローチはリフォーム業者で相談
今回玄関アプローチの役割や素材を紹介しました。
玄関アプローチのリフォームをお考えの方は、業者にて色々相談する事が大事です。
クリーンホームでもエクステリアのご相談を承っておりますので、是非お気軽にお問い合わせください。